北九州記念を制した九州産ヨカヨカ骨折で競走能力喪失

[ 2021年9月22日 17:41 ]

<北九州記念>外から差し切って1着でゴールするヨカヨカ=左から2頭目(撮影・柴田 春男)
Photo By スポニチ

 8月22日の北九州記念で重賞初制覇を飾った九州産ヨカヨカ(牝3=谷、父スクワートルスクワート)は22日、左第1指節種子骨骨折が判明、競走能力喪失と診断された。10月3日のスプリンターズS(中山1200メートル)に登録を済ませたが無念の戦線離脱。

 谷師は「ハッキリしたことは分からないけど今朝、調教後に地下馬道で暴れたのが原因だったようです。残念ですが重賞を勝つなど、よく頑張ってくれました。今後に関してはオーナーが決められること。競走生活は続けられなくなったけど、これからはお母さんとして、いい子を出してくれると思います」とコメントした。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月22日のニュース