×

【神戸新聞杯】イクスプロージョン 叩いた上積みあり、得意コースで一発だ

[ 2021年9月22日 05:30 ]

 イクスプロージョンは4走前からチークピーシーズを着用して2→1→1→5着。田中助手は「集中できないところがあったが、着けていい方向に出ている」と馬具効果を口にする。2カ月ぶりの前走は8キロ増の馬体でやや余裕残し。使った上積みは十分ありそう。1週前には重賞勝ち馬アールスター(6歳オープン)と併せて1馬身先着した。「動きは良かった。左回りも安定しているので」と得意な中京で一発を狙う。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年9月22日のニュース