【ワールドベストホースランキング】グランアレグリア牝馬世界一

[ 2021年6月11日 08:29 ]

ヴィクトリアMを制したグランアレグリア
Photo By スポニチ

 国際競馬統括機関連盟(IFHA)は10日、ロンジンワールドベストレースホースランキングを発表。5月16日のヴィクトリアマイルを制したグランアレグリア(牝5=藤沢和)が6位タイのレーティング121ポンドで牝馬ではトップとなった。前回(5月13日発表)の牝馬トップだったモノモイガール(牝6=米国)は変わらず120ポンドで12位タイ。英オークスで16馬身差Vを飾ったスノーフォール(牝3=アイルランド)も120ポンドとなっている。

 レーティングトップは昨年の欧州最優秀3歳牡馬で5月15日のロッキンジSを制した実力派マイラーのパレスピア(牡4=英国)が125ポンド、前回トップのネイチャーストリップ(セン6=豪州)が123ポンドで続き、3位タイはドメスティックスペンディング(セン4=米国)、ミシュリフ(牡4=英国)、ミスティックガイド(牡4=米国)の3頭が122ポンドで並んでいる。英ダービー馬アダイヤー(牡3=英国)、ベルモントSを制したエッセンシャルクオリティ(牡3=米国)は121ポンドでランクイン。

 日本馬はダービー馬シャフリヤール(牡3=藤原英)が新たにランクインした。皐月賞馬エフフォーリア(牡3=鹿戸)、香港のクイーンエリザベス2世カップで2着だったグローリーヴェイズ(牡6=尾関)と並んで120ポンドとなっている。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「マーメイドS」特集記事

2021年6月11日のニュース