【新潟大賞典】トーセンスーリヤ 馬場状態が連覇へのポイント

[ 2021年5月5日 05:30 ]

 トーセンスーリヤは同舞台の前走・福島民報杯で不良馬場に苦しみ8着。1番人気を裏切る形になったが「道悪が全て。馬場が悪すぎた」と小野師。

 昨年のこのレースでは1分58秒6の好時計で2着に1馬身半差をつける完勝。「幸いダメージが残らなかったので状態は悪くない。あとは例年に比べて状態の良くない芝がどうか」。連覇に向けて馬場をポイントに挙げた。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年5月5日のニュース