【船橋・かしわ記念】98年アブクマポーロが不滅のレコードV・船橋ケイバ列伝

[ 2021年5月5日 05:30 ]

昨年のかしわ記念を制し、G1初勝利を飾ったワイドファラオ(右)
Photo By 提供写真

 1952(昭和27)年まで千葉県柏市にあった柏競馬場で第1回千葉県営競馬を開催。かしわ記念はこれを記念して89年に船橋競馬場で創設された重賞競走。95年の第7回までは距離1800メートルで実施された。

 96年からは中央地方指定交流となり、距離を現在のマイルに変更。97年はG3に格付けされ、JRAの強豪バトルライン(松田博厩舎、武豊騎乗)が快勝した。翌98年は今年2月に急死した名馬アブクマポーロ(船橋・出川克厩舎、石崎隆騎乗)がV。勝ち時計1分35秒4は現在でも船橋マイルのコースレコード。“不滅”の大記録だ。

 G2昇格の02年はトーシンブリザード(船橋・佐藤賢厩舎、石崎隆騎乗)が完勝。01年南関3歳無敗4冠馬が意地を見せた。05年からG1に。06年アジュディミツオー(船橋・川島正厩舎、内田博騎乗)、11年フリオーソ(同、戸崎騎乗)と地元船橋の名馬が活躍しているレースでもある。エスポワールシチー(JRA・安達厩舎、佐藤哲騎乗)は09、10、12年と3度制覇。コパノリッキー(JRA・村山厩舎)も14年は田辺騎乗、16、17年は武豊騎乗で3勝している。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年5月5日のニュース