【新潟大賞典】ヒュミドール 距離短縮はプラス タフな状態の芝も小手川師「問題ない」

[ 2021年5月5日 05:30 ]

 日経賞4着のヒュミドール。近走は道中で力むような面が目立つようになってきた。小手川師は「(4走前の)ノベンバーSを勝った後は長い距離を目指してきたが、少し折り合いに苦労する面が出てきた。今回短くなるのはいいかもしれません」と説明。

 タフな状態となっている新潟の芝については「元々はダートを走っていた馬だし、問題ないと思う」と前向きだった。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年5月5日のニュース