【小倉大賞典】蛯名 小倉で5年ぶり白星も…JRA全10場重賞制覇はならず

[ 2021年2月22日 05:30 ]

<小倉2R>クインズセージで小倉5年ぶり白星を手にした蛯名正義(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 JRA全10場重賞制覇に挑んだ蛯名はデンコウアンジュで5着。直線でインを突き、半ばでは逃げるディアンドルを捉えて一瞬、先頭に立ったが最後はのみ込まれた。「最後と思ってバシバシ、ステッキを入れた。自分の競馬はできたと思う。最後までよく頑張ってくれた」と汗を拭った。

 2Rではクインズセージ(牝3=小島)でイン強襲。8番人気馬をVに導き、16年2月21日の10R(デンコウインパルス)以来、5年ぶりの小倉での白星をマーク。これが今年の初勝利。九州のファンにしっかりと騎手としての別れを告げた。中山記念ではゴーフォザサミット(牡6=藤沢和)に騎乗。これがラスト重賞騎乗となる。

 ◆引退式 蛯名の引退式を28日の中山競馬最終レース終了後に行うとJRAが発表。ウイナーズサークルで午後4時35分ごろから開始予定。引退式の模様はJRA公式YouTubeチャンネルでライブ配信。また、グリーンチャンネル「中央競馬全レース中継」とBS11の「BSイレブン競馬中継」で録画放送する予定。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月22日のニュース