【フェブラリーS】戦い終えて

[ 2021年2月22日 05:30 ]

 ▼5着エアアルマス(松山)スタートも良くてハナを切りつつ、脚もたまっていた。ただ3コーナーで早めに来られて、少しペースを上げざるを得なかったのは響きました。

 ▼6着インティ(武豊)途中で掛かってしまったので…。ラストは来ていたが、折り合っていればもっと伸びたと思う。

 ▼7着ミューチャリー(御神本)レース間隔がない中、このメンバーで7着は凄い。力があるところは見せてくれた。馬は若いし、南関東の重賞に戻ればもっとやれます。

 ▼8着ソリストサンダー(北村宏)これだけのメンバーなので、余裕を持って追走する形では正直なかった。直線は一瞬、伸びたが坂の途中で鈍った。

 ▼10着ヤマニンアンプリメ(横山武)ある程度、理想の競馬はできた。最後もパタッと止まっていないし、よく頑張ってくれた。

 ▼11着サンライズノヴァ(松若)ゲートをうまく出られず。本来は余裕を持ってコーナーを回れるのに反応が鈍かった。人気になっていたのに、結果を出せず申し訳ないです。

 ▼12着スマートダンディー(秋山真)強いメンバーの中で頑張った。

 ▼13着オーヴェルニュ(丸山)忙しくて、ずっと追い通し。馬体減も影響したかもしれません。

 ▼15着サクセスエナジー(酒井)スッと出られず、切り替えて後ろからの競馬に。内ラチ沿いをしっかり走っていた。

 ▼16着ヘリオス(M・デムーロ)行きっぷりが悪かった。もまれると走る気をなくして。初めて乗ったので何とも言えない。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月22日のニュース