【ヒヤシンスS】ラペルーズ快勝!米遠征を視野 藤沢和師「ベルモントSに行きたい」

[ 2021年2月22日 05:30 ]

ヒヤシンスSを制したルメール騎乗のラペルーズ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東京9R、3歳オープンのヒヤシンスSは後方インを追走した2番人気ラペルーズ(牡=藤沢和、父ペルーサ)が直線の内から突き抜けて快勝。JRA再転入後2連勝でオープン初勝利を飾った。初コンビのルメールは「能力は見せてくれたけど馬は若い。砂をかぶってブレーキをかけたり…。ただ、大人になればいい馬になる」と高い将来性を約束した。父ペルーサ、その父ゼンノロブロイともに、来年2月で引退する藤沢和師ゆかりの血統。同師は「1600メートルは忙しいと思ったけど、よく届いてくれた。(多田信尊)オーナーの希望もあるので行けるようならベルモントS(米G1、6月5日)に行きたい」と米遠征を視野に入れた。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月22日のニュース