【AJC杯】ウインマリリン、内から1馬身先着 手塚師「動きはいい」

[ 2021年1月21日 05:30 ]

併せで追い切る横山武騎乗のウインマリリン(左)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 エリザベス女王杯4着のウインマリリンはWコースで5F67秒4~1F12秒7。フィリアーノ(5歳1勝クラス)を2馬身追走し、内から1馬身抜け出した。

 手塚師は「動きはいいし、エリザベス女王杯と同じぐらい出来はいい」と穏やかな表情。続けて「道悪は正直やってみないと分からないけど、G1でもやれる馬。53キロも魅力だし、積極的な競馬になると思う」と昨年4月フローラS以来の重賞2勝目を見据えていた。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月21日のニュース