【愛知杯】シゲルピンクダイヤ、前走から上昇 渡辺師「ゲートをすんなりと出てくれれば」

[ 2021年1月15日 05:30 ]

渡辺調教師が騎乗し、坂路でソフトに仕上げられたシゲルピンクダイヤ
Photo By 提供写真

 日曜日に実質的な追い切りを済ませているシゲルピンクダイヤは坂路で4F56秒1~1F13秒0と馬なりで時計を出した。「前走よりは良さそう。ゲートをすんなりと出てくれれば」と渡辺師。

 前走はゲートで目隠しをしたことでスタートもきっちりと出た。一昨年の桜花賞2着を含め重賞で5度の馬券絡み。“最強の1勝馬”が待望の初タイトルをつかむか。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月15日のニュース