キモは小倉の横山和ヌードル

[ 2021年1月15日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=14日】美浦所属の横山和は、この冬は小倉で騎乗。開催中は栗東をベースに調教をこなす。

 「栗東に来たのもずいぶん久しぶり。6、7年はたつのかな。違う環境に来て気持ちがフレッシュになる部分もあるし、また頑張ろうとも思いますね」。年明けからポンポンと3勝。勢いもある。この日も精力的に稽古を付けていた。「昆先生はずっと前から声をかけてくださっているし、去年の札幌で初めて(安田)翔伍厩舎の馬で勝たせてもらって、つながりもできた。こういうつながりは大事にしていきたいですね」と前向きに語る。

 小倉への参戦は18年の冬コク以来、約3年ぶり。土日で計10鞍に騎乗する。日曜11、12Rは安田翔厩舎の馬とのコンビで、12Rのラストヌードルは連続騎乗。「前走はうまくスタートが決まった。位置取りは後ろからでも、前めでも行けますからね」。小林は日曜の馬券はここがキモだと念じた。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月15日のニュース