【カペラS】ダンシングプリンス充実!宮田師「さらにパワーアップ」

[ 2020年12月10日 05:30 ]

坂路で追い切るダンシングプリンス(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 中山日曜メインのG3カペラS(13日、ダート1200メートル)の最終追い。JRA再転入後、3連勝中のダンシングプリンス(牡4=宮田)は坂路で4F50秒5(強め)。この日の一番時計をマークした。

 宮田師は「体は10~20キロ近く増えていて、さらにパワーアップ。今の充実した状態で重賞の今回のメンバーでどこまでやれるか。前走はタメの利いた逃げができていたので、番手に控えても大丈夫だと思う」と重賞初挑戦での初Vを祈った。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「マーメイドS」特集記事

2020年12月10日のニュース