【スプリンターズS】ライトオンキュー、力強い末脚披露 昆師「仕上がっていたので時計はこれで十分」

[ 2020年10月1日 05:30 ]

古川吉洋騎手を背に坂路で単走で追い切るライトオンキュー
Photo By 提供写真

 ライトオンキューは古川を背に坂路へ。単走で力強い末脚を見せて4F54秒3~1F12秒4。昆師は「日曜で仕上がっていたので時計はこれで十分。昨年京阪杯(1着)の時と同じ調整パターン」と話す。

 前走・キーンランドCは外から力強く追い上げて2着。昨年覇者で同生産者・同馬主のタワーオブロンドンを引き合いに出し「ダーレーの大御所が出走しないし結果を出さないとね」とゴドルフィン・ブルーの勝負服で“連覇”を狙う。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年10月1日のニュース