×

【新潟記念】2着ジナンボー 奇襲も及ばず「1頭になった時フワッとする面あった」

[ 2020年9月7日 05:30 ]

<新潟記念>M・デムーロ騎乗のジナンボー(右から3頭目)は惜しくも2着(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 3番人気ジナンボーは昨年に続き、2年連続2着惜敗。内から逃げの奇襲作戦に出て、馬場の真ん中を粘りに粘ったが、念願の重賞初Vはお預けに。騎乗したM・デムーロは「最後は馬場のいい真ん中へ。(直線半ばで)サトノダムゼルと併せた時は一生懸命に走ったが、1頭になった時にフワッとする面があって。(外の)勝ち馬と馬体が合っていれば、また違ったかも。残念です」と頭差の苦杯を嘆いていた。 レース結果

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年9月7日のニュース