【新潟記念】大魔神・佐々木オーナー 愛馬Vで友道師称える「本当に凄い先生」

[ 2020年9月7日 05:30 ]

<新潟記念>パドックで所有馬のブラヴァスを見つめる佐々木オーナー(左)と加奈子夫人(中央)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 元メジャーリーガーで、ブラヴァス(牡4=友道、父キングカメハメハ)の佐々木主浩オーナー(52)は新潟に駆けつけ、目前で愛馬の重賞制覇を見届けた。

 「サマー2000シリーズを獲るのが目標だった。それをしっかり獲るなんて、本当に凄い先生です」と友道師を称えた。ただ新型コロナウイルスの影響で口取りはなし。「寂しいね。勝っても半減だね。せめて写真くらいは」と現在の競馬を取り巻く環境を嘆いた。母ヴィルシーナはオーナーに初めてG1タイトルをプレゼントした思い出の馬。「G1を狙えるくらいになってくれたらうれしいですね」と、母子G1制覇に思いをはせていた。

続きを表示

「2020 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2020年9月7日のニュース