【名古屋・オールスター】平原、脇本の番手魅力も決意の単騎

[ 2020年8月12日 05:30 ]

 ドリームレース。近畿単騎となった脇本の番手は、誰しもが魅力を感じる位置だろう。中近ブロックで同じナショナルチームでもある深谷も「連係したい気持ちは100%ある」と前置きしてからの自力コメントに。平原も同じ気持ちだ。「脇本君は付いてみたい選手。でもオールスターのファン投票は、同地区の後輩たちや、ラインの力があってこそ選んでもらえたものだと思っているので」と説明。それぞれが特別な思いを乗せての特別な戦い。平原はファンの声援と関東の仲間たちの魂を背負う、決意の単騎戦である。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月12日のニュース