【プロキオンS】トップウイナー、“バゴ旋風”続く 陣営「リフレッシュして状態もいい」

[ 2020年7月8日 05:30 ]

 2勝クラスから前走・欅Sまで3連勝中のバゴ産駒トップウイナーが重賞初参戦。中林厩務員は「千八、千二、千四で3連勝したように距離に関してはオールマイティー。レースぶりを見ると力をつけているし、短期放牧でリフレッシュして状態もいい」と笑みを浮かべる。バゴ産駒は先々週の宝塚記念で4歳牝馬クロノジェネシスが圧巻の6馬身差V、先週は新馬ステラヴェローチェが評判通りに勝ち上がった。今週もバゴ産駒が話題を提供する。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月8日のニュース