【ユニコーンS】メイショウベンガル、ダート適性高い 距離延長も松永昌師は不安なし

[ 2020年6月17日 05:30 ]

 メイショウベンガルは初ダートの前走が2着に7馬身差をつける大楽勝。適性の高さを示した。松永昌師は「ダートは合うと思っていた。出遅れてあの競馬だからね」と愛馬の素質を高く評価する。前走から1F延長になるが「掛からない馬だし、そこは大丈夫」と全く不安なし。2連勝で一気に名を上げるか。戸崎との初コンビで初重賞に挑む。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年6月17日のニュース