【函館スプリントS】ジョーマンデリン、連闘も疲れなし 陣営「レース後も雰囲気はいい」

[ 2020年6月17日 05:30 ]

 先週UHB杯でオープン入りを決めた4歳牝馬ジョーマンデリンが連闘で重賞へ。吉田助手は「使って良くなりそうな感じがしていたんです。レース後も雰囲気はいいし、疲れは見られません。カイバも食べていますよ」と報告。函館芝1200メートルで【3・1・0・0】のコース巧者だ。「栗東にいる時より落ち着きがあるし、こっちの環境が合っているんでしょうね」と滞在を歓迎していた。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年6月17日のニュース