【函館スプリントS】ティーハーフ、10歳も状態良し 陣営「今年こそと思っています」

[ 2020年6月17日 05:30 ]

 10歳夏を迎えたティーハーフが今年も函館へ。このレースは15年V、16年12着、18年13着、19年はレース当週に左胸前の筋肉を痛めて無念の回避。酸いも甘いも知るベテランだ。深川助手は「いつも函館に来ると輸送で熱が出たりするけど、それがなかったんです。うまくいったのは初めて」と笑顔。「放牧明けでも状態はいいですよ。去年は回避してしまった分、今年こそ…と思っています」と力を込めた。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年6月17日のニュース