【桜花賞1週前追い】マルターズディオサ、栗東滞在調整 手塚師「動きは良かった」

[ 2020年4月3日 05:30 ]

藤岡佑介騎手を背にCウッドで併せ馬で追い切るマルターズディオサ(左)
Photo By 提供写真

 チューリップ賞を快勝したマルターズディオサ(手塚)は前走後、栗東に滞在して調整を積む。藤岡佑(レースは田辺)が騎乗した1週前追い切りはCWコース併せ馬。先導役のライバーバード(6歳2勝クラス)を1秒4追走。直線は内から同入した(6F80秒2~1F12秒1)。

 手塚師は「稽古は目立たないタイプだけど動きは良かった。1週前でしっかりやりました。体はちょうどいいし順調です」と笑顔。「レースに行くとどんな展開でも対応できている。長くいい脚を使えるのは、ディープよりもキズナの方が出ているのかな」と話した。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月3日のニュース