【大阪杯】一心不乱にカイバ食べるフーリッシュ、この落ち着きなら…

[ 2020年4月3日 05:30 ]

ステイフーリッシュ
Photo By スポニチ

 【G1ドキュメント・栗東=2日】小林は先週に引き続き金曜日付の当コーナーを担当。“道悪でクリノガウディー”は狙いとしては良かったが、無念の降着。気を取り直し、矢作厩舎へと自転車をこいだ。

 ステイフーリッシュの馬房のそばで、ひと仕事を終えた藤田助手が座っていた。「いつもより、落ち着いていると思わない?」と切り出した。一心不乱にカイバを食べていた。やんちゃなそぶりは、そこにはなかった。この日は運動のみの調整。水曜日の最終追い切りは2歳チャンプ・コントレイルに2馬身遅れをとった。それでも、仕上がりに不安は見せない。

 「構えて追って伸びるタイプじゃないし、苦手な馬場で走り切らなかっただけだと思う。ノビノビ走れたし、ストレスもかけていない。心臓も悪くないですし、去年の大阪杯(13着)と比べればいいですね」

 当日のテンションを考えれば、無観客競馬も悪くない。阪神の芝2000メートルはスタンド前発走。同じくファンの前で発走する昨年の中山金杯(2着)は15番枠スタートに「あの時は少し物見をした感じがありました」と振り返った。スロー濃厚の組み合わせ。すんなり先行できれば、しぶとさが生きる。

 厩舎もモズアスコットでフェブラリーSを制し、先週もサトノインプレッサが毎日杯を勝った。“追い風”が吹く。「ここ2走はG1馬に交じっていい競馬をしているし、そろそろG1でも結果を残したい」。話を終えても、こちら見ることもなくカイバを食べていた。小林はそんな姿が頼もしく“一発があるかも”とノートに書き込んだ。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年4月3日のニュース