今年5勝と好調!市村誠師 夢へ羽ばたく息子から力「いいツキをもらったかな」

[ 2020年2月14日 05:30 ]

今年5勝と好調の市村誠師
Photo By スポニチ

 【地方からの風】「本当にどうしたんだろうね」。本人も驚くほどのフォローの風が吹きまくっているのが市村誠師(49=大井)。ここまで早くも5勝(12日現在)を挙げ南関東リーディングで26位に食い込んでいる。昨年が18勝に終わっただけに、すでにその約3分の1を稼いでしまった。

 「スタッフもよくやってくれているし、管理馬が好調な時にうまく使えている。たまたまかもしれないが流れが良くなっているのは間違いないね」と口調も滑らか。そんな同師の仕事へのモチベーションが自然と上がることもあった。今春、都立高校を卒業予定の長男・大空(おおぞら)君(18)がボートレーサー養成所に合格を果たしたのだ。息子が憧れの職業を目指しての第一関門突破。親父としては「うれしいよね。あいつも頑張っているな、と。だから俺も頑張らないと、というタイプじゃないんだけど、息子からいいツキをもらったかな」と目を細めた。

 5日の金盃で2着したフレアリングダイヤ(A2)をはじめフォルベルス(B1)、サンシャイアン(B2)を今年の3本の矢に挙げ「この3頭はオープンまで行ってほしいし、今年は2歳も楽しみな素質馬がそろっている。大きな波をつくらず着実に勝ちたい。目指すは17年に挙げた30勝だね」と目標を掲げた。次回大井開催は24日から。好リズムに乗ったこの厩舎から目が離せなくなってきた。(矢内 浩美)

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年2月14日のニュース