【中山記念・2週前追い】ブライト馬なり12秒2 ミナリク初コンタクトで好感触

[ 2020年2月14日 05:30 ]

 19年最優秀4歳以上牡馬に選出され、3連覇の懸かる中山記念(3月1日)で今年初戦を迎えるウインブライト(牡6=畠山)が2週前追いを行った。主戦・松岡の落馬負傷で新コンビが決まったミナリクが初コンタクト。Wコースでの併せ馬で5F67秒8、1F12秒2。馬なりのままマイネルセリオン(4歳1勝クラス)を1秒ちぎった。「イージーハンドルでとても乗りやすい。動きも良かった」とミナリク。「僕が乗ったことのある馬ではデインドリーム(G15勝)やマンデュロ(同3勝)と並ぶチャンピオンホース。レースで騎乗するのが今から楽しみ」と期待を膨らませた。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年2月14日のニュース