【共同通信杯】ココロノトウダイ、体ふっくらした 馬なり併入に手塚師「男馬っぽくなってきた」

[ 2020年2月13日 05:30 ]

オーヴァーライト(右)と併せ追い切るココロノトウダイ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 未勝利→きんもくせい特別と連勝中のココロノトウダイは丸山が騎乗し、Wコースでオーヴァーライト(5歳3勝クラス)を3馬身追走して併入。馬なりで5F68秒0に「まだ少し重いが、これで仕上がると思う。息は悪くない」と丸山。

 手塚師は「休み明けですが、ひと追いごとに息が良くなって、今日が一番良かった。体もふっくらして男馬っぽくなってきた。全然人気ないけど、おかしいなあ」とかなりの手応えを得ていた。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年2月13日のニュース