レシステンシア 阪神JFレコードVから一夜「カイバをペロッ」疲れなし

[ 2019年12月10日 05:30 ]

栗東トレセンの馬房で静養したレシステンシア
Photo By スポニチ

 阪神JFを制して、2歳のコースレコードで史上12頭目の無敗Vを達成したレシステンシア(牝2=松下)はレースから一夜明けた9日、栗東トレセンの馬房で静養。担当の金濱厩務員は「帰ってきてからもカイバをペロッと食べています。見た目に疲れは見せていないですよ」とホッとした表情。逃げてメンバー最速の上がり3F35秒2を繰り出し5馬身差の圧勝。「直線に向いた時に勝ったと思った。この仕事をしててもG1に勝つほどの馬を担当させてもらうことはなかなかないですからね」と喜びをかみしめる。今後はノーザンFしがらきに放牧に出される。

 ◆レシステンシア 父ダイワメジャー 母マラコスタムブラダ(母の父リザードアイランド)牝2歳 栗東・松下厩舎所属 馬主・キャロットファーム 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績3戦3勝 総獲得賞金1億270万8000円。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月10日のニュース