【朝日杯FS】タイセイビジョン85点 「輝」体調の良さ表す淡黄色

[ 2019年12月10日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

冬毛が混じらず淡黄色の輝きを放つタイセイビジョン(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 冬毛が伸びる季節なのにタイセイビジョンはつくば市内で収穫される秋の味覚、筑波栗のような淡黄色の輝きを放っています。冬毛が全く交じっていない。冬を迎えても新陳代謝がいいからです。飛節の角度が少し浅く、腹周りにももう少し余裕がほしいが、全体的にバランスは取れています。臀部(でんぶ)が盛り上がったトモには力強さを感じます。

 立ち姿を見ると、四肢と尾に力が入り過ぎていますが、これは尾の先を後ろになびかせる風のせいでしょう。顔つきは穏やか。ハミの取り方にも余裕がある。力んでいるわけではありません。体形から1Fの距離延長は微妙ですが、体調の良さは栗毛の輝きが伝えています。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月10日のニュース