【朝日杯FS】ビアンフェ90点 「絆」父に似つかぬガッチリ型

[ 2019年12月10日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

ガッチリとした立派な体つきのビアンフェ
Photo By スポニチ

 新種牡馬キズナには意外にもガチッとした体形の産駒が多い。阪神JF2着のマルターズディオサしかり今週のビアンフェ、エグレムニもまたしかりです。キズナは言わずと知れたディープインパクト産駒のダービー馬。スラリとした体形でしたが産駒はガッチリ型に出る。繁殖相手次第では自身と似ても似つかぬ産駒を出すのが一流種牡馬。キズナもあまり自己主張しないから繁殖相手(サクラバクシンオー産駒の短距離馬ルシュクル)の特徴がビアンフェに表れたのか。

 それにしても、立派な体つきです。分厚い首差しと腹袋、トモの筋肉量も豊富。マイルは初経験ですが、体のつくりに余裕があるので対応できるはずです。

 ただし、顔つきは子供。目が幼いし、口角を開けてリングバミを受けています。後肢を前踏みしている立ち方も子供っぽい。体調は申し分ないのであとは気性の成長待ちです。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月10日のニュース