デットーリ、メルボルンCで降着 エリザベス女王杯騎乗せず

[ 2019年11月6日 05:30 ]

デットーリ
Photo By スポニチ

 メルボルンCで2位入線したマスターオブリアリティは、ゴール前で内斜行しイルパラディーゾの進路を妨害。4着降着となった。騎乗したランフランコ・デットーリ(48)は6~13日まで騎乗停止処分を科された。同騎手は今週末から短期免許で来日予定だったが、来週以降に延期される。騎乗予定だったエリザベス女王杯のゴージャスランチは幸とコンビを組むことが決まり、デイリー杯2歳Sのレッドベルジュール鞍上は未定。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月6日のニュース