【秋華賞】メイショウショウブ 左前挫石で出走取消、池添兼師「無理はさせられない」

[ 2019年10月12日 09:56 ]

 ローズS5着メイショウショウブ(牝3=池添兼、父ダイワメジャー)は12日、左前挫石で秋華賞(13日、京都芝2000メートル)の出走を取り消した。

 追い切り後に左前脚のツメをぶつけた模様で、この日は角馬場とCWコースで最終調整に臨んだものの出走は不可能と判断。苦渋の決断をしいられた。池添兼師は「今朝、乗ってみたけどツメを気にしている。期待していたから残念だけど先があるし、無理はさせられない」と説明。しばらく厩舎で様子を見て今後について検討する。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月12日のニュース