【取手】宿口、手応え決勝「凄く上がってきている感覚」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

 宿口が1、1着で決勝へ。初日は思い切り良くカマしての押し切り。準決はバック8番手から鮮やかにまくった。「結構、緩んでいたのでもっと早く行こうと思えば行けたんだけど、先行していたのが松岡さんで少しびびってしまった。付いてくれた地元の石川君には申し訳なかった」と淡々と振り返った。今回は直前の練習の時から「凄く上がってきている感覚があった」と手応えをつかんでいた。決勝では「神山君が回してくれたので」。機動力ある地元横山の番手を回る。横山が果敢に先制を決めればVも十分だ。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年9月21日のニュース