【札幌記念】ワグネリアン4着 絶好手応えも最後伸びず

[ 2019年8月19日 05:30 ]

 アンラッキーな4着に泣いたのが昨年ダービー馬のワグネリアンだ。道中は好位で器用に立ち回り、直線入り口では絶好の手応え。直線でぶち抜く雰囲気さえ漂ったが、最後は思ったほど伸びなかった。

 騎乗した福永は「両前脚を落鉄してしまった。こっちが思い描いた以上の競馬ができたんだけど。最後で伸び切れなかったのは落鉄のせいかな」と悔しそうに振り返っていた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年8月19日のニュース