【奈良】久米がガールズデビュー、快走に手応え

[ 2019年7月19日 23:39 ]

奈良競輪でガールズデビューした久米
Photo By スポニチ

 19日の奈良競輪初日7Rガールズで116期の久米詩(19=静岡)がデビュー戦。前を取って、そのまま先行態勢に入り、増茂には差されたが、2着に粘り上々のスタートを決めた。「内に詰まるよりはと自分のペースに入れました。気持ちで負けなかったのは良かったです」と話す。実力者の篠崎新純を封じたのだから価値があるレース内容だ。

 父は京都の元選手の久米康徳氏で現在は競輪選手養成所の教官を務めている。高校までは京都に住んでいたので「発走機に付いた時に応援の声を聞きました」と準地元での快走に気持ちも乗っている。20日6Rでも積極的な走りで初勝利なるか。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2019年7月19日のニュース