【函館スプリントS・水曜追い】タワーオブロンドン 藤沢和師「前走以上の雰囲気」

[ 2019年6月12日 15:11 ]

 京王杯SCに続く重賞連勝を狙うタワーオブロンドン(牡4=藤沢和)は芝コースで単走追い。馬なりながら軽快なフットワークで5F69秒0、1F12秒2をマークした。

 藤沢和師は「前走からそれほど間隔がないので単走。動きはよかったし前走以上の雰囲気。以前から千二を使ってみたいと思っていたので楽しみ」と期待十分の口ぶりだった。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2019年6月12日のニュース