【ユニコーンS】サトノギャロス 2F延長OK!西園師自信

[ 2019年6月12日 05:30 ]

 サトノギャロスはダート6Fで未勝利、500万下と楽勝し、2F延長での重賞初挑戦となる。どうしてもスプリンターの印象が強いが、西園師は「母系にはサンデーサイレンスの血が入っている。距離には自信を持っていくよ」と力強い。01年に舞台が東京に移って以降、前走が1200メートルだった馬は08年2着のシルクビッグタイムが最高着順。嫌なデータを覆し、タイトル獲得を目指す。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年6月12日のニュース