【日本ダービー】エメラルファイト、石川強気のV宣言

[ 2019年5月23日 05:30 ]

追い切るエメラルファイト(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 平成元年のダービーは芦毛のウィナーズサークルが制した。令和元年にも芦毛旋風が吹くか。その権利を持つ一頭。スプリングSを制したエメラルファイトは石川を背にWコースへ。6馬身先行のバレリオ(4歳1000万)を直線であっという間に5馬身差突き放し、6F82秒0~1F12秒8でフィニッシュ。長めから精力的に追われた。「先週が遅くなったので今週はしっかりやりたかった。皐月賞は(捻挫で)回避したが順調に来た。平成生まれ初のダービージョッキーになりたい」。若武者は堂々と宣言した。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月23日のニュース