【オークス】シェーングランツ90点 姉を越える上昇度

[ 2019年5月14日 05:30 ]

姉を超える上昇度があるシェーングランツ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 幼くても姉を超えるスケール。シェーングランツは一昨年のオークスを制した半姉ソウルスターリング以上に柔軟な筋肉を持っています。ガチッとまとまった体つきで遊びがなかった姉に比べて、こちらはゆとりがある。父がフランケルからディープインパクトに代わった影響でしょう。姉以上に2400メートルに適した体形です。

 ただし、完成度の高さでは同時期の姉にとてもかなわない。心身ともまだ幼い。キ甲は未完成。立ち姿は3歳春までいつも同じ姿勢を保っていた姉と真逆。全く安定せずに、いつも違う姿勢です。姉が2歳女王の座も射止めた早咲きなら、妹は遅咲き。桜花賞時には硬く閉じていた素質のつぼみが1カ月半で膨らんでいます。腹周りがフックラしてきました。ハミの受け方が穏やかになってきました。短期間で急激な成長曲線を描く心身。毛ヅヤも断然良くなった。

 アスリートならレスリング五輪メダリストの伊調姉妹。世界ジュニア選手権を制した姉の千春さんを上回る成長ぶりで五輪4連覇を達成した妹・馨になぞらえるのは買いかぶり過ぎでしょうか。ともあれ、桜花賞からの成長度は絶大です。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年5月14日のニュース