【平安S】クイーンマンボ、休み明けでも舞台適性侮れない

[ 2019年5月14日 05:30 ]

 今週土曜の京都メインは「第26回平安S」。昨年2着の牝馬クイーンマンボは、出走馬決定順で16番目。ギリギリ出走枠に入った。ただ、休み明けの分、割引は必要。辻野助手は「使いながらのタイプだし、休み明けの分、気持ちが乗ってこない。CWコースで負荷は掛けているし、動ける状態には持っていけると思うが」とジャッジした。昨年は逃げ切ったサンライズソアと、わずか0秒2差。休み明けでも、舞台適性は侮れない。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月14日のニュース