【オークス】ビーチサンバ90点 伸びしろ十分び余裕あり

[ 2019年5月14日 05:30 ]

伸びしろ十分な馬体をしているビーチサンバ
Photo By スポニチ

 上昇度ではビーチサンバが一番。トモや肩の筋肉には桜花賞時に見られなかった血管がうっすら浮き出ています。背、ヒ腹、尻には銭形の斑点も出ている。銭形模様が絶好調の証かどうかは定かでありませんが、皮膚が薄くて、新陳代謝がとてもいいのは間違いない。体のつくりにゆとりがあるため2400メートルも大丈夫です。キ甲はまだ抜けていないが、十分に容積があります。将来は大きく抜けるはず。伸びしろたっぷりです。口元は半開き。ハミを舌で転がして遊んでいるようです。それだけ余裕があるのでしょう。クロノジェネシスの同族。全兄フサイチリシャール(朝日杯FS)に続くG1獲りのチャンスです。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年5月14日のニュース