【大阪杯1週前追い】ブラスト隙なし!しっかり併入「今までで一番いい」

[ 2019年3月22日 05:30 ]

<大阪杯>池添謙一騎手を背に3頭併せで追い切るブラストワンピース(右手前)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 31日の大阪杯で戦列に復帰する昨年の最優秀3歳牡馬ブラストワンピース(牡4=大竹)が21日、美浦トレセンで1週前追い切りを行った。主戦の池添が騎乗し、Wコースで僚馬ペルソナデザイン(3歳500万)と併せ馬。4馬身追走から直線は内に入り、いっぱいに追われて併入した(6F81秒6)。

 昨年暮れの有馬記念(1着)以来、久々に背中の感触を確かめた池添は「1週前なのでしっかりやったけど、フットワークが柔らかいし、落ち着きもあっていい感じ」と、あふれる笑顔で出来の良さをアピール。さらに「有馬記念の時も凄く良かったが、それと遜色ない動き。今までに乗った1週前で一番いい。トモ(後肢)がしっかりして完成の域に近づいている」と絶賛コメントを並べた。

 3カ月余ぶりのぶっつけ参戦でも、隙のない仕上がりで臨めそう。あとは初めて出走する阪神内回り芝2000メートルへの対応だが、池添は「勝ったのは外回り(毎日杯)なので、そこは来週考えないと。ただ、体は大きいけど器用な面があるので心配ないと思う」と克服に自信を見せる。次週の最終追いにも栗東から駆けつけて騎乗する予定だ。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月22日のニュース