アーモンド ドバイターフで始動!ルメールが絶賛“大坂なおみ級”

[ 2019年1月29日 05:30 ]

ドバイターフに直行することになったアーモンドアイ
Photo By スポニチ

 年度代表馬アーモンドアイ(牝4=国枝)はドバイ・ターフ(3月30日、メイダン競馬場芝1800メートル)に直行することになった。JRA賞授賞式でシルクレーシングの米本昌史代表が明らかにした。今秋には凱旋門賞(10月6日、ロンシャン競馬場芝2400メートル)も視野に入っており、主戦・ルメールも凱旋門賞優勝を自身の最大目標に掲げた。

 「大坂なおみみたいにパワフル。全ての能力を持ち合わせています」。JRA賞のトロフィーを抱えたルメールが口にしたのは、全豪オープンを制した女子テニス選手の名だった。「どこまで強くなるか、分からない。僕はフランス人なのでまだ勝ったことがない凱旋門賞を獲りたい」と続けた。

 今秋に控える日本人ホースマン悲願のタイトルをつかむためには、まずドバイでの結果が求められる。国枝師は「普段の様子から海外への輸送は問題ない。フィジカル、メンタルの両面とも我々の想像以上だから」と語る。「凱旋門賞についてはドバイ後に考えたいが、競馬のグランドスラムはJC、ドバイ、BC、凱旋門賞。大坂なおみが全米、全豪を獲ったのだから、アーモンドアイもJCに続いてドバイを勝っておきたい」と続けた。

 英国ブックメーカー大手のウィリアムヒル社の単勝前売りオッズではドバイターフは1番人気3・5倍、凱旋門賞は史上初の3連覇を目指すエネイブル(5倍)、昨年2着のシーオブクラス(6倍)に続く3番人気の9倍。来賓として授賞式に出席した吉川貴盛農水大臣が「JCの走りに感動した」と絶賛した女傑が世界に挑む。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2019年1月29日のニュース