矢作師 菜七子初G1にエール「女性に活躍してほしい」

[ 2019年1月29日 05:30 ]

 最優秀4歳以上牝馬に輝いたリスグラシューを管理し、自身も2度の最多勝利調教師を受賞している矢作師は以前から「競馬界の発展のために女性騎手減量制度の導入が必要」と話す一人。菜七子の初G1についても「オーナーの理解があってこそだが、やはりそういう道をつくってくれたことは大きい。後に続く人も行きやすい。こういうことがニュースにならないくらい、男女関係なく活躍できるようにもっともっと調教師でも騎手でも女性に活躍してほしい」と話した。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2019年1月29日のニュース