レイデオロ シーマクラシックで始動!秋田代表「昨年のリベンジを」

[ 2019年1月29日 05:30 ]

 JRA賞最優秀4歳以上牡馬に選出されたレイデオロ(牡5=藤沢和)はドバイシーマクラシック(3月30日、メイダン芝2410メートル)に向かうことになった。同賞授賞式でキャロットファームの秋田博章代表が発表した。「昨年のこのレース(4着)は勝てなかったが、1年で成長した。リベンジしたい」と語った。昨春の同レースでは超スローペースに折り合いを欠いたが、昨秋はダービー馬にふさわしい堂々たるレース運びで天皇賞優勝、有馬記念2着。英ブックメーカー、ウィリアムヒル社のドバイシーマクラシック前売りオッズでは単勝1番人気の4・5倍に支持されている。

 藤沢和師は「ドバイの疲れがないようなら宝塚記念を目指したい」と表明した。今秋は天皇賞、JC、有馬記念の古馬王道を進む見通し。主戦・ルメールは「アーモンドアイとレイデオロで世界のタイトルをつかみたい」と語っていた。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2019年1月29日のニュース