【天皇賞・秋】マカヒキ 新コンビ相性◎ 師「一番いい条件」

[ 2018年10月22日 05:30 ]

 マカヒキは新コンビの武豊を背に1週前追い切りを行った。CWコースで併せ馬。6F80秒2〜11秒6をマークして5馬身先着した。友道師は「いい動きだった。ジョッキーも“癖がなくて乗りやすい”と言ってくれた。東京2000メートルは一番いい条件だと思う」と話した。前走の札幌記念は大外から脚を伸ばして2着。今回はレイデオロと2世代のダービー馬が登場。先輩の威厳を見せる準備はできている。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年10月22日のニュース