【富士S】ミスターX モレイラ騎乗ワントゥワン末脚に期待!

[ 2018年10月20日 05:30 ]

 東京11R・富士Sはワントゥワンに期待したい。前走・京成杯AHは大外最後方から上がり3F33秒0の豪脚で2着に。勝ったミッキーグローリーには届かなかったが、次点に0秒5差もつける末脚は見事だった。舞台はトリッキーな中山から東京へ。前回の東京を走ったヴィクトリアM(9着)はやや重の渋った馬場が全てで、最後まで伸びきれるこの舞台が合わないはずはない。追い比べに持ち込めばとにかく強いモレイラを配し、末脚を持て余すシーンは考えづらい。

 ここは快速マルターズアポジーにウインガニオンとハナ候補がそろった。先行勢がたっぷり息を入れる展開は考えづらく、後方勢に恩恵がありそう。府中マイルで強いディープインパクト産駒がさっそうと勝ち切る。馬単(11)から(3)(6)(14)(18)へ。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2018年10月20日のニュース