【東京新馬戦】ランフォザローゼスが押し切りV ルメール「ほとんど完璧」

[ 2018年10月20日 13:20 ]

 20日の東京5R新馬戦(芝2000メートル)は2番人気のランフォザローゼス(牡=藤沢和、父キングカメハメハ)がデビューVを飾った。道中は2番手を追走。残り200メートルから先頭に立ち押し切った。

 ルメールは「ほとんど完璧なレース。いいポジションが取れて、そこからマイペースだった。息が入って直線でだんだん加速。2着馬が来てまた加速したね」とパートナーを絶賛。「長い距離も問題ない。スタミナがありそう」と話した。次走は未定。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2018年10月20日のニュース