全国7場目!大村「発祥地ナイター」23日からスタート

[ 2018年9月21日 05:30 ]

大村「発祥地ナイター」をPRするキャンペーンガールの川崎あや(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 23日から全国7場目となるナイター(愛称・発祥地ナイター)をスタートさせるボートレース大村のPR隊が20日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。着工から1年。走行テストでは「明るくて走りやすい」と選手からお墨付きも得た。今年度はナイターを110日開催し、来年度からはナイター通年開催となる。

 オープニング開催は23〜27日の5日間。地元ツートップ、原田幸哉と下條雄太郎が登場。瓜生正義、菊地孝平、守田俊介らのタイトルホルダー軍団を迎え撃つ。この大会、20億円を売り上げ目標に設定している。キャンペーンガールの川崎あやは「3年前にリニューアルした新スタンドで見るナイターにワクワク!ナイターを見るなら発祥地で!」。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2018年9月21日のニュース