JRA 競走条件の名称、来年夏競馬から「クラス」に変更

[ 2018年6月26日 05:30 ]

 JRAは25日、2019年夏季競馬から競走条件の呼称を変更すると発表した。現行の「500万円下」は「1勝クラス」、「1000万下」は「2勝クラス」、「1600万円下」は「3勝クラス」に変更される。新馬、未勝利、オープンの呼称については現行通りの表記とする。

 基本的に中央1勝馬は1勝、同2勝馬は2勝、同3勝馬は3勝の各クラスへの出走となり、現行の収得賞金から、原則として勝利度数によるクラス分けとなる。適用は現2歳馬から。

 今回の呼称変更は来夏からの降級制度廃止に伴うもので、ビギナーの競馬ファンにとっても、勝てば次のクラスに移動するシンプルで分かりやすいクラス分けとした。

 【その他の主な発表事項】(1)9月7日から新たに「じぶん銀行」を即PATの指定銀行に追加(2)札幌競馬場の馬場内エリアが、7月14日に「ターフパーク」の愛称でリニューアルオープン。日本初導入となる遊具「グラビティレール」などが登場する。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2018年6月26日のニュース