【チューリップ賞】スカーレットの切れ味進化 岩田も好感触!

[ 2018年2月28日 05:30 ]

スカーレットカラー
Photo By スポニチ

 土曜阪神の桜花賞TR「第25回チューリップ賞」(3着までに優先出走権)に参戦するスカーレットカラー。進化した姿を見せたのが今年初戦のフェアリーS。トリッキーな中山マイル戦で絶望的なポジションから、外をまくる強気の競馬で2着まで追い上げ賞金加算に成功。「外に膨れながらのコーナリングだったが、脚は劣らなかった」と同助手。トモ周りが充実して切れ味が増してきた。

 1週前追いは初コンビの岩田を背にCWコースでラスト1F12秒4と鋭い反応。直線は伸びのあるフットワークで僚馬にきっちりと先着。喜多助手は「精神面を追い込まないように、長めからじっくり乗り込んできた。ジョッキーも“思っていたよりもいい脚を使えそう”と、感触をつかんでくれた」と手応え。

 雪辱の春へ向けG1組との再戦となる。この相手に勝利できれば“桜冠”へグッと近づく。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年2月28日のニュース